ICレコーダーからの書起し

AmiVoice® SP2 書起しエディター紹介ムービー


AmiVoice® SP2 テキスト学習紹介ムービー

動画をご覧いただくには、使用OSにあわせたFLASH Playerが必要です。



音声認識ソフト「AmiVoice® SP2」 がお悩みを解決します。
書起す時間を大幅に短縮!


議事録やインタビューなどの音声ファイルからの書起しは、大変な作業です。

 

1時間の音声ファイルを書起すのに5~6時間もかかる場合がある。
①ICレコーダーを再生して聞いて一時停止(聞き取れなかった場合は数秒戻って聞きなおし)
②聞いた内容をキーボードで入力
①と②の作業の繰り返しで常にICレコーダーとキーボードの往復


ポイント①
PCに音声ファイルを読み込ませると、「再生・停止」はもちろん、「数秒戻る」「再生速度の調整」など音声ファイルの操作がPCですべてできるので、ICレコーダーでの操作が不要です。


ポイント②
会議やインタビューなど録音距離が遠い環境下で録音されて音声ファイルは音声認識できませんが、付属のヘッドセットマイクで聞いた内容をしゃべってエディター画面に入力。音声入力なら1分間に約200文字相当(当社計測)の入力ができるのでタイピングするより断然はやい! 
もちろんキーボードの併用できます。


ポイント③
過去に作成した文書ファイルから音声認識辞書に登録されていない単語を自動的に検出し、ユーザー辞書に登録する機能(テキスト学習)を搭載。
過去に作成した議事録や原稿などユーザーの文書スタイル(単語+前後の文脈情報)を学習できるから、使うほどに認識率を向上できます。
※対応ファイル:テキスト / MS Word / MS Excel / 一太郎 / PDF / CSV / HTML

⇒ テキスト学習の詳細はこちら


ポイント④
読み込んだ音声ファイルを認識して文字化する機能


音声ファイルからの文字化について
個人の方が、メモ代わりに録音機器などに録音して、後で文字化する場面で活用する機能です。
・認識できる音声ファイル形式は、WMA、WAV、MP3ファイルです。
・録音する際には、録音機器の口述モードに設定して録音してください。
また、マイク部に息がかからないように口のやや横に本体を近づけてください。
・口元とマイクの距離が5cm以内で録音した音声で、はっきりとした音声であることが条件です。
複数人数の会議、講演会、およびインタビューなどで、マイクの距離が遠い場合、認識することができません。
本製品を使って、録音した音声を聞きながら復唱することで、簡単に文字化することができます。


操作方法
①音声ファイルを読み込み
②音声を認識
③操作方法
 音声の再生/停止 Ctrl+Spaceキー
 巻き戻し Ctrl+←キー
 早送り Ctrl+→キー
 エディター画面で音声入力、または、キーボード入力

使用方法

ポイント
PCに音声ファイルを読み込ませると、音声ファイルの再生・停止はキーボードで操作ができ、数秒戻る、再生速度の調整などの機能もありますので、書起し時間の短縮につながります。
認識結果と音声が連動できますので、任意の箇所の音声を聞きながら、最終校正ができます。
(他社製品のように、認識結果の文字を削除しても、元の音声データは消えません)

書起しエディターの詳しい使用法は書起しエディターのヘルプでご確認いただけます。

※PDFファイルはこちらからダウンロードいただけます。


書起しエディターを効率的に使用する方法(製品ガイド応用編)についてはこちらからご確認いただけます。

また、色々な情報の載っている製品ガイドはこちらからご確認いただけます。