お客様の声

陽なた家ファミリー 代表 永松 茂久 様

ダイニング「陽なた家」代表・永松茂久様は、執筆の際、アイデアを音声で録音後、テープ起こし作業をして原稿執筆をしておられたそうです。その作業が、当ソフトを使用することで、作業時間が今までの半分以下になり、それによってできる仕事が増えたことが何よりありがたいとの感謝のお言葉を頂戴しております。

「絶対に費用対効果がある」

当ソフトを活用したきっかけについて教えて下さい。
私は本を書く仕事もしているのですが、その元となる資料は音声のテープ起こしからスタートします。今までは手打ちでやっていたのですが、友人からこのソフトのことを教えてもらい、絶対に費用対効果があると思ったので活用させてもらうことにしました。今ではその友人に感謝しっぱなしです。
当ソフトのご利用方法について具体的に教えて下さい。
出版用のテープ起こしで使うことが多いですかね。読みながらの作業になるので自分にも反復ができて、効果が倍増していると思います。そしてなにより早い!!ブログを書くのにも使ってみようと思っています。
当ソフトを使用することでどのような効果がございましたか?
なにより時間短縮です。そしてそれによってできる仕事が増えたことがなにより有りがたいですね。本当に作業時間が今までの半分以下になったんじゃないでしょうか。
今後の活用方法の展望を教えて下さい。
時間が多く取れるので、もっと多くの人に喜んでいただけるように、たくさんの本を書いていきたいです。ブログの更新頻度ももうちょっと増えるかな。

お客様プロフィール

1974年、福沢諭吉の出身地で有名な大分県中津市生まれ。

小学校5年の時、たこ焼きを通じて人に喜んでもらうことの魅力にひかれ、「大人になったらたこ焼き屋になる」ことが夢になる。
18歳の時、共に夢を追いかけた親友をなくし、同時に上京。
数年の修業期間を経て、2001年、26歳のとき、地元中津に夢のたこ焼き屋「天までとどけ。」を開店。同時に行商開始。わずか3坪で大行列を作り日商平均25万円を売るたこ焼き屋として、テレビ、その他マスコミで大反響となる。

2003年、たこ焼き屋が作った150席のハッピーダイニング「陽なた家」開店。

2005年、人生の師である生涯納税日本一の大商人、斎藤一人氏に出会い、末っ子弟子として、数々の教えを伝授される。
斎藤氏の「魅力をあげれば店が観光名所になる」の教えをベースに生みだした、スタッフ挙げてのバースデーイベントは口コミだけで、年間1300件、人口8万人の町に県外のお客様、年間なんと1万人を突破(2009年データ)。

「一流の人材を集めるのではなく、今いる人間を一流にする」というコンセプトのユニークな人材育成には定評がある。 現在はダイニング「陽なた家」、居酒屋「夢・天までとどけ」、福岡に「大名陽なた家」、たこ焼きテイクアウト店の飲食事業部、ウェディング事業、映像編集事業、人材育成の「for youプロジェクト事業部、その他講演、出版、イベント企画など様々な業態を生み出しているメイドイン九州の若手実業家である。

著書に『斎藤一人「もっと近くで笑顔が見たい」』(ゴマブックス)『斎藤一人の道は開ける』(現代書林)がある。さらに今年、来年で8冊出版予定。

WEBページ等

  • お客様の声一覧に戻る