お客様の声

スピーチコンサルタント 三橋 泰介 様

アナウンサーでもあり、スピーチトレーナーでもある三橋泰介様には、著書「3秒で盛り上げて30分以上話が弾む会話術」(徳間書店)のなかで、読書メモとしての使い方をご紹介いただいております。

「アナウンサーとして、そしてスピーチのトレーナーとしてこのソフトに出会えたことは本当に幸せ」

当ソフトを活用したきっかけについて教えて下さい。
スピーチトレーニングの仕事をしている上で「読書」は欠かせません。話し方、プレゼンテーション、コミュニケーションスキルに関する本を月間平均30冊ほど読みます。そこで、「本を読み終わったあと、大事な部分を抜き出す」作業を行なっているのですが、その作業の「効率化」が弊社の課題でした。何とか、この作業を「早く」「手軽」にできないか、ということで音声認識ソフトを探しているときにアミボイスと出会ったのです。
当ソフトのご利用方法について具体的に教えて下さい。
本を読み、大事な部分、心に残った部分に線を引きます。そして、パソコンに入力するのですが、その時に使用するのがアミボイスです。
当ソフトを使用することでどのような効果がございましたか?
効果は大きく3つあります。まず「両手が空く」ということです。本を開きながらキーボードを打つのは非常に面倒です。ブックスタンドを使ってもいいのですが、そうすると他のページを参照できない。アミボイスならば、パラパラとめくりながら、どんどんと「声に出していけば文字になる」ので大変重宝しております。

2つ目は「作業に対するハードルが下がったこと」です。キーボードを打つ作業、というのはある部分では「苦痛」です。コツコツと作業をしなくてはならない。ともすると「面倒だから今日はいいかな」と先延ばしにしてしまうことも多くありました。しかし、アミボイスを使うと「声に出すだけだから、簡単だよな」と、キーボードの作業よりもモチベーションが上がりやすいことに気が付きました。単純作業のやる気がでるパソコンソフトですね(笑)

3つ目の利点は「声に出すので、自分の耳に自分の声が聞こえて理解が増す」ということです。黙読をしながらキーボードで打ちこむのに比べて、本の内容を「音読」していくので、理解度がさらにアップします。声に出すことで、より本を深く楽しみ、自分のものにすることができました。
今後の活用方法の展望を教えて下さい。
毎日ブログを更新しておりますが、さらにアミボイスを使って「モチベーション」を上げていこうと思います。

お客様プロフィール

学習院大学時代、4年間でパーティを300回主催し全てで司会を担当。スピーチ能力とマッチング能力を身につける。その能力を生かし、三越百貨店に就職するも「さらにスピーチ能力を磨きたい!」とアナウンサーに転職。

  • フリーアナウンサー、岩手朝日テレビアナウンサー、東北放送アナウンサーとなる。朝の人気番組「ウォッチンみやぎ」や「東北楽天ゴールデンイーグルス」の実況中継を担当。局アナ暦は11年。
  • テレビ朝日系列コンテストで実況部門全国1位、TBS系列コンテストでナレーション部門全国2位に。
  • 楽天イーグルスの観客2万人の前でヒーローインタビューや本田健氏の講演で2000人の司会などを担当。
  • 初の著書「話術!虎の穴」はAmazon総合3位 話し方・プレゼン部門1位を獲得。
  • 2010年4月、独立。「ビジネスSP」を設立。2011年に法人化。スピーチやプレゼンテーションに特化した研修会社「株式会社スピーチジャパン」を設立。

人前で話す機会の多い政治家、経営者・リーダーに対してスピーチトレーニング、セミナーを実施。 独自のスピーチトレーニングは、船井総研のコンサルタントからM-1王者サンドウィッチマンまでが「1日でスピーチが上手くなる」と評価している。

WEBページ等

  • お客様の声一覧に戻る