お客様の声

コトバ表現研究所 所長 渡辺 知明様

渡辺 知明様は、長年文章表現と音声言語の表現の研究をされており、音声認識ソフトを文章の「読み」と「書き」を一体化させる道具として使用されていらっしゃいます。 電子情報技術産業協会(JEITA)主催のSpeech Technology:Today and Tomorrow で招待講演された「音声認識ソフトで文章を書く」の内容を一部ご紹介いたします。

考えることと書くこと

渡辺 知明様は、長年文章表現と音声言語の表現の研究をされており、音声認識ソフトを文章の「読み」と「書き」を一体化させる道具として使用されていらっしゃいます。 電子情報技術産業協会(JEITA)主催のSpeech Technology:Today and Tomorrow で招待講演された「音声認識ソフトで文章を書く」の内容を一部ご紹介いたします。

1. 文書の資料を引用するときに読み上げて入力
2. 下書きからの清書
3. メモからの口述筆記
4. 講演録音の口頭記述

1. 能率的な文章の文字化
2. 文章作成能力の向上
3. 発音や発声の基礎訓練
4. 言語表現能力の向上

<出典 あゆみ65号 日本コトバの会発行>

eXcite ことば・言葉・コトバ
AmiVoice® SPの使用感など掲載されています。

お客様プロフィール

1952年(昭和27)生まれ。群馬県桐生市出身。
大学在学中に日本コトバの会に入会。
大久保忠利氏(元都立大学教授。言語学・国語学)より、言語理論、国語教育理論、文章、話し方、表現よみ指導法を学ぶ。
国立国語研究所第1回日本語教育研修修了(1980)。
現在、コトバ表現研究所所長(1993/4-)、表現よみO(オー)の会代表(2000/10-) 。
日本コトバの会事務局長/講師(1980/5-)。
東急カルチャーBE雪ヶ谷講師(1998/4-)。
新百合丘産経学園講師(2004/4-)。
明星大学(経営学科)で文章講義(2006/4-)。
著作権保護期間の延長問題を考えるフォーラム発起人。

著書

  • 表現よみとは何か―朗読で楽しむ文学の世界』(1995明治図書)
  • 『放し飼いの子育て―やる気と自立の教育論』(1994一光社)
    ほか

編著

  • 『コトバ学習事典』(1988/1990一光社)
  • 『大久保忠利著作選集』3巻「生きたコトバI話し・聞き」、4巻「生きたコトバII読み・書き」(1992三省堂)
    ほか

論文

  • 「連載・教師と子どもの文章入門」(児童言語研究会編『国語の授業』101-110号/1990-92/一光社)ほか(論文リスト/表現よみ独演会&公演予定)

WEBページ等

ことば・言葉・コトバ
文章、話し方、表現よみ、朗読、に関心ある方へコトバ研究と文学作品の録音を公開しているサイトです。

  • お客様の声一覧に戻る