お客様の声

PDリサーチ株式会社 代表取締役 橋本 浩美 様

PDリサーチ株式会社 代表取締役 橋本浩美様は、インタビューの書起しの際に復唱でご利用いただいており、「キーボード入力を劇的に省略できた」とのご評価をいただいております。

「テキスト学習機能でさらに認識率アップ」

当ソフトを活用したきっかけについて教えて下さい。
音声認識ソフトには興味があり、他社の製品でしたが十年前から使用していました。そのソフトは、事前に用意された文章を20分程度読み上げ、自分の声を覚えさせなければならないものでした。その上認識率も80%前後で、スタッフは使いたがりませんでした。「アミボイス」は、6年くらい前に偶然ネットで見つけました。「事前のトレーニング不要」ということに驚きましたが、価格が安かったこともあり半信半疑で、試しにという程度の気持ちで購入してみました。
当ソフトのご利用方法について具体的に教えて下さい。
私は、市場調査の業務を行っており、調査方法の一つにインタビューがあります。インタビューを録音し、聞き直しながらレポートにまとめるのです。当初は要約してレポートすれば良かったのですが、5~6年前に、「インタビューの模様を全て文章化して欲しい。」という要望に変わりました。それから本格的に音声入力に取り組み、アミボイスの活用が始まりました。
当ソフトを使用することでどのような効果がございましたか?

① キーボード入力を劇的に省略できた。

「100%音声入力出来る。」と思うと期待外れに感じるかもしれません。日本語には漢字、かな、カタカナ、アルファベットの使い分けがあります。「同音異語」もあります。100%は無理と割り切ることです。しかし、慣用句や日常使う言い回しは99%文章化されます。そこを上手く使い分けるのが第1のコツだと思います。

② 専門用語や業界用語が簡単に入力できた。

予め単語登録をしておくと、「再生不良性貧血(AA)」「肝動脈塞栓術(TAE)」など、 その都度入力しないで済みます。実は読み方を、エーエー、ティーエーイーと略し て登録しておけば、さらに簡単に声で入力できます。ここが第2のコツだと思って います。
今後の活用方法の展望を教えて下さい。
SP2には、私が欲しかった機能、「テキスト学習機能」が追加されました。これにより専門用語や業界用語の登録が格段に楽になりました。パソコンの性能も向上していますので、今後さらに、認識率とスピードのアップが期待できると思います。

お客様プロフィール

PDリサーチ株式会社
代表取締役

平成14年4月、市場調査会社、PDリサーチ有限会社設立。(現在PDリサーチ株式会社) 設立当初より医療業界に関する市場調査を主に実施してきました。その調査方法には、「電話調査」「訪問面接調査」「CLTインタビュー調査」「WEB調査」などがあります。

当初は、「電話調査」を主体としてスタートしたのですが、それが、「訪問面接調査」、「CLTインタビュー調査」と、主体が変遷してきました。それに伴い業務内容も、調査対象者のリクルートやインタビューの依頼が多くなり、自身もインタビュアー、モデレーターをこなしています。

この「訪問面接調査」「CLTインタビュー調査」では、録音したものをテープ起こしするのですが、以前はカセットテープしかなく、音質は悪い、電池はすぐなくなる、巻き戻しボタンの操作で指が痛くなるなど、苦労したことを思い出します。今ではICレコーダになり、音声入力も活用できるようになり、隔世の感があります。この10年は、「テープ起こし」との格闘の10年間でもあったと言えます。

WEBページ等

  • お客様の声一覧に戻る